断酒に最適な環境とは?お勧めの環境を考えてみる。

ナナオです。

断酒して、1年4か月経過しました。
変わらない断酒の日常が続いています。

お酒を抜いての生活は他のストレスこそあっても、体調も悪くなく、気持ちもお酒で揺さぶられない。
お酒に左右されない、お酒で体調を悪くしない。平穏な日々です。

本日は断酒中の環境についてを書きたいと思います。

SPONSORED LINK

断酒に最適な環境ってどんな環境か?お勧めの環境を考えてみる。

断酒にとって最適な環境について考えたときに、それはやっぱり身近にお酒がない環境にすることでしょうね。

そして、周りへ自分の断酒をオープンにして、よき相談相手、話相手を見つけることでしょうか。

それに加えて、心を平穏にできる環境を整えるのも大切かなと思います。

私の場合

お酒が身近にある(^^;

私の場合には現在にいたっては、自宅にワインとビールと日本酒はあります。

ビールは旦那さんがごくまれに飲みたいと思った時用で買ってあるものです。

SPONSORED LINK

ワインや日本酒は、料理用です。
ちなみにもともと私は日本酒は飲みませんので、あってもなくても全然惑わす存在ではありません。

環境としてはアルコールの再飲酒をしようと思えば、いつでも再飲酒できてしまう環境なのでしょう。

これは断酒開始の人にはお勧めできない環境ですね。
断酒が続いていても本来は避けるべき環境かもしれません。

断酒への理解者、相談相手を見つける。

私の場合には旦那さんになります。

が、お酒を断酒したことを、断酒開始時には話しませんでした。
まずは自分でしっかり断酒が継続できて来たら、時期をみて話そうと考えていたからです。

基本的にあまり誰かに逐一相談するタイプではないので(きっと、これが駄目なんでしょけど)、普段も断酒に関してはわざわざ会話にすることはありません。

断酒に関して、周りのサポートを受けつつ開始するのも良いと思います。

自分のタイプ、状況に応じて、相談相手等は考えてゆけたらいいのではないでしょうか。

要はどういう環境が必ず必要っていうことはありません。
自分が断酒を続けやすい環境を準備できたらいいのではないかなと思います。

今でも旦那さん以外には断酒したことを伝えていません。
会社でも、お酒の話はめったにあがりませんが、お酒の話になっても、ぎこちなさもなく、普通に談笑しています。

心を平穏にできる環境を整える

○○だから、飲みたい!飲んでやる~!と思える環境はよくありません。
理由をつけて飲もうとするうちはまだまだ、心がお酒に支配されています。

ぜひ、心を平穏にできる環境や方法があれば、実践してみるのが良いと思います。

私の場合には、なんだろう。
普段はなかなか家事に育児に追われて結構ストレスいっぱいですが、ちょっとしたときに、窓から見える自然の風景に癒されたり(我が家は割と自然に囲まれているので)、そういうことで心を平穏に保っているのかもしれません。

お酒にとらわれた身をだいぶ解放できた感じになってきたのでしょうか。
断酒を検討されている方は一緒に断酒して、お酒生活から解放されましょう!

本日もよい一日を!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク