アルコール依存はお酒が自分の人生の主役にすり替わる

こんにちは、ナナオです。

断酒を忘れるほどに忙しいことが多く、日々家事、育児、行事に追われているナナオです。

えーと、断酒はもちろん継続しています。

先月の更新から変わったことといえば、またもや再飲酒の夢をみたこと。
内容としては安い発泡酒を一杯飲む機会があって、飲んでいるという内容でした。

相変わらず、しつこく定期的に見る再飲酒の夢ですが、最近は慣れてきました。

SPONSORED LINK

もうかれこれ、断酒が昨年の1月でしたから、今月で1年2か月目ですね。

断酒1年経過して、今この状況で思うこと。

お酒が辞められない。休肝日を設けられなくなった。家族の予定よりもお酒を優先させていた。

あのお酒に支配されていた時期を振り返ると、間違いなく、その時の自分の人生はお酒を中心にまわっていたといえます。

お酒があるからしんどいときでも、頑張れる。

SPONSORED LINK

お酒がないと不安だ。

お酒があるからテンションが上がる。

私の人生はお酒一色に切り替わろうとしていました。

あの時私を断酒に向かわせたもの。

その一番の理由は家族の存在でした。

そして、自分自身の人生はこれでよいのか?このままでよいのか?という自問自答が断酒の道へと私を導きました。

tunaolger / Pixabay

私は私らしい人生を送りたい。
子供の成長を見守ってゆきたい。

自分でお酒はやめられます。

お酒がなくても人生は変わらず幸せなものであることに変わりありません。

どうか、今悩んでいる方がいらっしゃるのなら、ぜひ一緒に断酒をしてみませんか?

今お酒ですでに体が悲鳴を上げていることと思います。
このままで良いのでしょうか?

このままお酒があなたの人生の主役になってしまっても良いのでしょうか。

大げさに聞こえますが、アルコール依存の先にはあなたの人生、お酒が主役になってしまうのです。

コントロールが出来そうなら、断酒をしてみる。
コントロールが出来ない場合は病院や専門クリニックの門を叩きましょう。

だれもが、過度の飲酒でアルコール依存症になるリスクを持ち合わせています。

あなたの飲酒量は大丈夫ですか?

休肝日等で酒量をコントロールは出来ていますか?
他の家族や友人、周りの迷惑になる飲み方になってきてはいませんか?

あなたの体を心配している人がいます。
最終的に断酒を決断するのは自分自身なんです。

誰の人生ですか?
お酒を大量に飲むための人生にならない為にも、断酒を決断をしてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク