お酒を飲んで泳ぐべからず。飲酒後の遊泳で溺れる確率高い!

こんにちは、ナナオです。
変わらず、断酒継続中です。

本日は海で飲酒で溺れる人についてを書きたいと思います。

SPONSORED LINK

毎年ニュースで目にする飲酒後の遊泳による溺死事故

暑い夏がやってきましたね。
毎年、暑い時期には水辺で子供たちと遊ぶことが増えます。

海水浴などを楽しんだり、海を眺めてお弁当を食べたり。夏を感じる瞬間です。

そんな夏には例年、溺死事故がいくつもニュースで伝えられて、こちらも悲しい気持ちになりますよね。
気になるのはその中で、大人の溺死事故。しかも飲酒後の溺死が気に掛かります。

お酒で酔った状態で海は危険!

お酒って、脳を麻痺させますから、判断がにぶるのは確実ですよね。
そんな状態で海に入ってしまうと、やはり、足がつったり、深みにはまったり、急な潮の流れで流されたりなど、日常とは違う状況下でとっさの判断が必要になる場合が訪れることがあります。

この時、恐らくかなりのパニック状態になるのではないかなと思います。

大量に飲んでいる状態だった場合には、何が起きているのか分からないまま、とにかく苦しくて、そのまま溺れてしまうということになるんじゃないのかなと私は思います。

助けを呼ぼうにも、そこに頭が働かないんじゃないのかなと思います。
お酒が入った状態で、足のつくところでおぼれて死ぬ人は数多くいます。
例年ニュースで流れているように。

SPONSORED LINK

Pexels / Pixabay

私は海辺でわいわい飲んだりするのが苦手(日常でもそうですが)ですので、そういった経験はありませんが、人と飲むと、お酒の量をコントロールできず、へべれけになりやすかったです。
飲んだ量が分からなくなるのは危険ですよね。
飲みすぎると、ある域から脳は記憶すらやめてしまうそうです。

人と一緒に海辺でビールやお酒を楽しむのは確かに楽しいし、気分も良くなり、ふざけて、海にざぶーんと体を投げ出すこともあるのでしょうが、その状況は本当に危険です。

ぜひ周りの方にそういった方がいたら、止めてあげてください。
もし、そういった経験が過去にある方は海辺での飲酒、止めた方がよいかもしれません。
特に若い人がそんなことで命を落とすことになってしまうのは悲しすぎです。

お酒が入ると、いつもと違う行動を起こす人も多々います。
自分は違うと思っていても、そういう風になる人もいます。

また、海辺まで行くのには車で行く方もいるでしょうが、運転手の方が飲むのも絶対に厳禁です。
飲酒運転で数々の悲しいニュースを目にします。
飲酒状態での運転は絶対になしです。

夏は暑い分摂取するアルコール量も増えがちですよね。
飲む方は飲みすぎに本当に注意してほしい。

お酒は体を潤しません。
飲みすぎは脱水症状を招きます。

断酒中の私が飲んでいる人に対してメッセージっというのもなんですよね
毎年、飲酒後の溺死事故が絶えないもので、ついつい書いちゃいました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク