断酒8ヶ月目(約240日くらい)アルコール無しだとどんな毎日?

こんにちは、ナナオです。

引き続き、断酒は続いています。
お酒を飲まない生活が続いています。
8ヵ月経過した断酒生活。
アルコールがない生活が定着すると、ほとんどアルコールの存在は忘れられますよ。

頭は常にクリアで、冷静な自分です。
あの頃は何だったのでしょうか…。仕事を終えて帰宅後はアルコールを足元がふらつくまで飲んでしまっていました。

子供ももちろんいる自宅で…。

SPONSORED LINK

アルコール抜いて8ヵ月が経過。私の近況。

アルコール依存度の高かった私ですが、断酒生活を重ね、その生活にも慣れてきて、かれこれ8か月目に突入です。
気が付けば8か月。たかが8か月、されど8か月。
約240日アルコールは飲んでいないことになりますね。

しばらく更新が滞っていたのは、飲んでいたからではもちろんありません。

仕事や私生活(家事、育児)で手一杯の毎日でした。
子供の育児、家事、仕事のトリプルで毎日へとへと状態です。
なかなかブログに時間が割けませんでした。

お酒の存在は全く頭にありませんでした。
このまま断酒年月を重ねていけそうです。

SPONSORED LINK

お酒は百薬の長というけれど・・・

ブログで振り返ると、ああ、本当お酒で身も心も壊すところだったんだなあと改めて感じます。
子供との楽しいひと時よりも飲めるタイミングがあればすぐ冷蔵庫からお酒を出していたのです。
お酒で記憶の一部が自信がないのはしょっちゅうでした。
あの頃はコントロールなんてできてもいませんでした。

お酒は百薬の長というけれど、アルコール依存になった人にはお酒は人生を破滅へ導きかねない恐ろしい存在になります。

ゆとりがない時にお酒を飲みたくならないのか?

今も子育てで自分の気持ちにゆとりがなくなることはあるけれど、それが今ではイコールお酒には繋がらない日常を過ごしています。
昔はちょっとでも自分に余裕がない時や、将来の不安を覚えたりするとき、気分がどんよりするとき、カンフル剤が欲しいとき、すぐにアルコールに手を出していました。

お酒の飲み始めはやっぱり気分が晴れてきて、元気をもらっていたんですよね。
飲むと疲れてやれないなと思うことも何とか乗り切ってこれたんです。
もうその時点で危ない道に足を入れていたんだと思います。
今考えるとですが。

私の場合、駄目なのは、お酒を飲むのがやめられなくなってしまっていたこと。
飲んだら、そのままここでやめようと切り上げられずに、飲み続けてしまうことです。

そして、結果、その他のことがその日は全く出来なくなってしまう。

気が付けば、アルコールの缶や瓶でいっぱいになっていたごみ箱。
ほろ酔いでそのまま子供と就寝して、また次の朝になって、仕事をして帰ってきて、飲みつつ家事をして、ほろ酔いで寝て。
その繰り返し…。

子供もそんな母親をどう思っていたのかな…。
自分との時間よりもお酒を飲んでいる母親。
その姿を見られないようには気を付けていましたが、ふらつく足や私の言動で分かっていたかもしれません。

呪縛から逃れた今も、あの生活を思い出すと、二度とあの生活は繰り返したくないと思います。

飲酒が原因であろうニュース。悲しい気持ちになる。

ニュース見ていると明らかにお酒が要因のニュースがあったりしますね。
飲酒のひき逃げや、飲酒で暴れたり。

お酒に酔っていて覚えていないうちに犯罪を起こしているなんてニュースをみるとゾっとします。
アルコールが原因で取り返しのつかないことになるなんて悲しすぎます。

なかなかお酒をやめるのは難しい。長年飲み続けるとなおさらですよね。
でも、自分で酒量をコントロールできないと感じたら、お酒を一時でも中断してみることを勧めます。

それでもし、簡単にお酒をやめることができない場合にはアルコール依存症の初期の段階に入ってしまっているのかもしれません。

医療機関やメンタルクリニックを受診したり、周りに相談できる人がいたらぜひ相談してください。
周りにいない場合にはネットでも良いと思います。

とにかく、お酒から逃れられなくなったら、そのままにしていては駄目です。

私と同じように子供がいて、お酒が止められないあなた。
大丈夫です。私でもこうして少しづつ断酒の道を進めています。
あなたにもきっとできます。一緒にやめませんか。

お酒がなくても生きられます。つらいことがあっても、お祝いごとがあっても、お酒を飲まずで問題ありません。

何かの理由につけてお酒を飲まなくても、十分幸せに暮らしてゆけますよ。大丈夫!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク