断酒15日目脳が記憶をやめる!?ブラックアウトを何度も経験した私。

こんにちは、ナナオです。本日も飲みません。

最近は毎日ブログを更新していますが、何というか、毎日、お酒の事を考えつつ生きるのは心がそれだけアルコールに囚われているようでなりません。

SPONSORED LINK

実際にアルコールに囚われているから、お酒の量がセーブできなくなってしまったんでしょうが(^.^;

飲んでいるその手を止められない。お酒をセーブできないということ。

普通の人はお酒を程よく飲んで楽しんでいると思います。
私は楽しんでいるうちでやめればいいものを、アルコールを飲む手を止められず、深酒し、記憶を飛ばしていました。

飲んでいる状況を振り返るのですが、ある時あたりからぼんやりしており、最後が思い出せない。
気が付けば、パジャマに着替えて寝ていたけれど、その過程が思い出せないのです。

まさにブラックアウトと言われる状況を何度も経験してきました。

お酒でのブラックアウトとは?

ブラックアウトとは、簡単に言うと、脳が軽い意識障害を起こしている状況のことを指します。
身体の許容量を超えたアルコールを摂取すると、脳がそれ以降の記憶をしなくなるそうです。
そして、そんな状況(ブラックアウト)を何度も何度も繰り返すことが、身体にも脳にも良いようには思えませんよね。
※ブラックアウトの詳しいことは本などを参考にしてくださいね。

holdentrils / Pixabay

アルコールを大量に摂取し続けると、脳が委縮するそうです。

アルコール性認知症とは、アルコールを多量に飲み続けた事により、脳梗塞などの脳血管障害や、ビタミンB1欠乏による栄養障害などを起こし、その結果起こるとされている認知症です。
また多量に飲み過ぎた事だけでも、脳は委縮するのではないかとも考えられています。(認知症ネットhttps://info.ninchisho.net/より引用)

私の脳は大丈夫かなぁ・・・。

SPONSORED LINK

今は朝。本日もこれから仕事頑張って来ます!
子供を起こしてきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク