賃貸で食洗機を設置する際にはどうするのか?今回の私の取り付け方法。

こんにちは!ナナオです。

親類から以前同様の機種の食洗機をもらう機会があって、食洗機を久しぶりに利用しました。

食洗機は私にとって時短家電で救世主。もはや、生活になくてはならないものに。

もう少なくても1年以上は手洗いをしてきましたが、ほとほと疲れ切ってしまい、時間もなかなか取れず、シンクは毎回洗い待ちの皿たちでいっぱいの状態で生活していましたね(;・∀・)

フルタイムで仕事して、その後家事と育児こなして、旦那さんは平日家事の参加難しいとなると、私単独でこなすのも無理!です。もう疲れすぎます・・・。

今、食洗機のありがたみを久しぶりにかみしめています。

代わりに食器を洗ってくれる♪

疲れていても、面倒でも、とりあえず、食洗機にさえ入れられるだけ入れてしまえば、食洗機が使用済み食器たちを綺麗にしてくれます。
軽く水注ぎした使用済みの食器を詰め込んでボタン押すことだけは欠かしません。

朝の台所に、昨日の洗い物が積み重なっていない生活って気持ちがいいですね。

食洗機って節水にもかなりいい!

先日一体どのくらいの量で食洗機は水を使っているのか気になって、排水ホースの先をバケツに溜まるようにして様子を見てみました。

すると、バケツ8分目くらいの量で洗っていることが分かりました!
※バケツはホームセンターに売っているよくあるサイズです。
次にバケツがまさに我が家のです。これは13Lのものです。

パナソニックのビルトイン食洗機なら、経済的なメリットもいっぱいです。エコナビをはじめ、節水・節約のための機能を搭載しました。手洗いよりもキレイに洗え、洗いにくいものもおまかせ。

気になってさらに調べてみたら、エコナビモードで約7.5Lとありました。

食洗機は庫内にためた少量のお湯や水を上手に循環させて洗うので使用水量は手洗いの約1/9。(http://sumai.panasonic.jpより引用)

手洗いの9分の1って。それはさすがにその量で手洗いは私にはできません。
だから、かなりの節水だと感じました。

ところで、食洗機の設置で、賃貸だと、分岐を買わなくてはならなかったリ、色々ありますよね(;^ω^)

食洗機設置にあたり、思い切って水栓(蛇口)自体を交換!

我が家の場合には今回、蛇口を丸ごと交換することに初挑戦しました。

分岐もついているタイプの蛇口に交換です♪蛇口も新しくなるし、分岐も付いているって一石二鳥です( ^)o(^ )

SPONSORED LINK

実は、以前の賃貸で使っていた分岐のパーツが今回の物件では合わない!ことが判明したからの決断でした。

最初、今までの分岐が使えない事を知り、愕然。すぐに食洗機生活再開できるかと思っていたら・・・・。(;_:)

ちなみに、以前の賃貸で利用していた分岐は7千円くらいで購入しました。

これです↓

ところで食洗機を取り付ける際の分岐って何?

分岐は蛇口を食洗機に接続するための器具です。
蛇口に取り付けて、水の方向を2手に分けるものです。

この分岐がないと、食洗機が取り付けられません。

賃貸だと、分岐がもともとついている水栓って少なくないですか?

分岐さえ合うものがあれば、今使っている自宅の水栓に追加で取り付けるだけでいいので、賃貸でも手軽に食洗機ライフを送ることができます。

ちなみに我が家のものは古い品番ですが、パナソニックのものです。

今回はまず賃貸の水栓(蛇口まるごと)のメーカーや品番を探して、それに合う分岐は何なのか調べてみました。

が、今の蛇口に合う分岐がない!どういうこと???

業者さんではないので、調べられる限りの情報をググって調べましたが、とにかく合いそうなものが出てこないんです

古い蛇口すぎたので情報が見当たらず。

調べてゆくうちに我が家の水栓蛇口は古すぎて寿命(交換した方がいい)の機種であることが判明しました。

調べたところによると、蛇腹のホースで伸びるんですが、古いので、ホース内部が劣化して、劣化した素材が水道水に混ざるみたいなんです・・・・。それって、健康的に怖くないですか?(|| ゚Д゚)

我が家のが必ずしもそうかはわかりませんが、ネットで同じものを分解して内部劣化の写真が掲載されていたのですが、もうこの水栓無理!(゚ロ゚)っと思ってしまいました。

そして、いっそ、蛇口の交換しちゃう????とふと思いが頭をよぎりました。

蛇口の交換はハードルが高いのか調べてみる。

意外にも、自分なりのDIYで水栓交換されている方がちらほらいらっしゃるみたいで、動画などを確認する限り、女手の私だけでもできそうな感じがしました。

そこで、今回思い切ってトライすることに(^^)/

普通は水栓交換は大家さんに許可が必要です。

水栓部分は賃貸の設備部分にあたるので、大家さんに許可をもらって交換がベストなんでしょうが、賃貸物件だし、高い蛇口を買って、退去の時には次回の住まいに出来たら持っていきたいのもありまして、特に許可を取らず実行しました。

ただ、退去時には現状回復の義務がありますよね。
なので、古すぎるその蛇口をとっておいて、退去時にまたそれに戻して退去すればいいのかっと考えました。

ということで、何はともあれ色々大変でしたが、自分で水栓設置が出来ました!

こういう感じのが分岐付きのタイプです。
食洗機の給水ホースがこの水栓にすぐに接続できるから便利です♪

次の写真が我が家の設置した分岐付きの水栓です。

今回は分岐つきの水栓を購入して使用した我が家ですが、水栓回りの知識は全く無知でしたので最初は戸惑いと苦労がありましたが、私でも交換出来て、現在も問題なく使用しているので、皆さんのご参考までに♪

また水栓設置の記事は機会があれば書きたいと思います。

それではまた!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク