会社を休む際の欠勤連絡。電話、それともメール?あなたの会社はどうしている?

こんにちは!ナナオです。

子供の急な発熱で会社を休むこと・・・。(涙)
朝起きたときに子供の身体が熱い気がして、嫌な予感はしてたんですけど。
体温計で測ったら37度8分ありました・・・。

こればっかりはしょうがないですけど、やっぱり周りに迷惑を掛けないわけではないので、心苦しい気持ちになります。

まぁ、子供もしんどうそうなので、無理に連れて行っても、また、きっとお迎えの電話がきてしまいます。

ちなみに保育園は7度5分以上は預かっていただけません。
預けた際に、子供が熱いとすぐに検温されます。(⇒こういう保育園はしっかりしているので、もちろんで安心できる点でもありますが(;^ω^))

ところで、皆さんの会社では欠勤の連絡手段はどうされていますか?

Free-Photos / Pixabay

私の会社は遅刻、欠勤はLINEラインで連絡を取り合っている。

ちなみに私の所属するのは総勢15人に満たない集団の部門です。

上司を含むみなで「LINE」を利用してグループトークしています。
https://line.me/ja/

基本的にはお休み連絡はグループラインに入れるようにしています。
絶対ルールではありませんので、電話でも、その他同僚に伝えたりもあります。
ですが、私の部署では圧倒的にライン連絡が主流ですね。

SPONSORED LINK

以前は電話で同僚に伝えるケースもありましたが、まず、連絡したい時間帯に社内に人がいなかったりもします。

SPONSORED LINK

LINEでの欠勤連絡。いつ、どのくらいの時間帯に入れているのか?

基本的には当日の出勤時間などの時間帯にラインにその旨入れて対応しています。

皆、割と単独対応の案件を抱えることが多いので、引継ぎはほとんどないのですが、個人情報の絡まない、かつ、込み入っていない引継ぎの類もラインでお願いしたりします。

もう何年も一緒に仕事をしてきており、社内の雰囲気はかなり良い打ち解けた仲間なので、新しく入社した人から部署の上長まででグループLINEで連携できるのは良いなと感じています。

連絡手段は人それぞれ。それが可能なのは上司のおかげ。

何よりもまず、一番トップの上司が気さくで皆に対してフレンドリーで優しい方なんです。

だから、部署の人間関係がぎすぎすさせず、仕事にも打ち込みやすい環境になっているんじゃないかなと思っています。

かなり前のことですが、以前の上司は自分にも他人にも厳しい人で、社内は殺伐とした雰囲気が漂っていたものです。

上司一つで雰囲気ががらりと変わるもんですね。

連絡もどれじゃなき駄目ということもなく、体調が本当に思わしくない時にラインで欠勤連絡を入れられるのは大変ありがたいですよね。

もちろん、皆結構なボリュームで仕事を抱えているので、「休みやすいから、すぐ休む」という考えにはなりません。

本当に辛いときに、休みやすいのは本当に助かっています。

みなさんの会社はいかがでしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク