苦い!タミフル朝晩飲むことになった保育園通いの娘のおすすめの飲み方♪

こんにちは!ナナオです。

巷で大流行しているインフルエンザ。
我が家にもその波がとうとうきてしまいました。

子育て世代ですから、学校や保育園で嫌でももらってきてしまう「インフルエンザ」。
インフルエンザは脅威の感染力をもっていますから、本当に怖いですよね。
私の会社でも何人かが本人自体がインフルエンザに感染してのお休みがちらほら出ています。
お子さんがインフルエンザでお休みのママもちらほらいます。

SPONSORED LINK

インフルエンザ。突然の高熱からはじまった。

娘も保育園で流行りだしていたので、もらってきてしまったようで、深夜に突如として、40度近い高熱を出しました。

一緒に寝ていて、何やら横に寝ている娘が熱いんです。
娘自体が発熱していて、深夜にこちらがびっくりして起きてしまいました。

突如の高熱=あーこれはインフルエンザだなと思いました。

鼻水も咳もしていない娘が突然に夜に高熱。
保育園ではインフルエンザの子が同じクラスから何人かいる。

この状況でしたので、疑うのはインフルエンザです。

掛かりつけ医を翌日受診。

とりあえず、夜、発熱はあるものの、熱けいれん等はないので、朝まで寝かせておき、翌日掛かりつけの小児科を受診しました。当然私のお仕事の方はお休みです・・・。

SPONSORED LINK

この時期の掛かりつけ小児科は、インフルエンザ疑いの子供でいっぱいでした。
普通の風邪の疑いのある子が逆にもらってしまうんじゃないかと思ってしまいます。

インフルエンザかを確認するため鼻の奥に長ーい綿棒のようなものを入れる先生。
これが一番、子供にはつらいようですね。
大泣きしました(-_-;)

判定はインフルエンザB型で、やはりのインフルエンザでした。
一週間家で母子軟禁状態が始まります。

親として子供の体調も心配。そして、会社の有給は減ってゆきます。

子供の心配はもちろんでしますが、共働き家庭。
やはり、会社のことが頭をよぎります。

有給は一気に消化だな・・・。というか、有給足りるかな・・・。
会社の同僚、周りにも長期の欠勤を伝えるのがしんどい・・・。

会社の有給は、子の病欠を中心に消化される我が家。
共働き家庭の必然ですよね・・・。
周りも働くママさんが多い職場だから、比較的お休みも理解いただける状況ですが、それでも、個人的な突然のお休みで会社へ迷惑を掛けてしまっていることを考えるとしんどいです・・・。

話がそれましたが、続きです。タミフル処方を受けました。

薬剤師に、子供の異常行動が問題になっているので、タミフルを飲ませたら様子を見てください。と言われました。

あとは、熱が下がって本人が元気な様子でも5日間は菌が放出されるので、しっかりと処方された5日分を飲み切ってください。

と案内を受けました。

タミフルってまずいんです。苦みも子供にはなかなかきついんです。

我が家では、子供の薬の飲ませ方で一番タミフルがやっかい。
なにせ、苦みもあるので、少量の水に溶かして一気に飲ませようにも苦くて飲まない。

子供が苦手なタミフルドライシロップ。我が家のタミフルの飲ませ方!

そんなタミフルに対抗する救世主!
それはこちらです↓

そうです、チョコ系のアイスクリームです!
我が家はチョコレートアイスに混ぜて服用させています。

これなんですが、混ぜるのがポイントです。

最初は水で溶いたタミフルを少し飲んでから、チョコアイスを少し食べさせて、また水溶きのタミフルを飲ませて・・・という方法をやってみたのですが、それだと全然駄目でした。

もういっそ混ぜてしまえ!ということで、チョコアイスを小皿程度のものに入れて、その中にタミフルを振りかけて、それらを混ぜ合わせました。

そして口に持って行ったところ、あらあら、不思議。普通にパクパク食べてくれました。
ドロドロではなく、固形状態を残したアイスにタミフルを混ぜるのがポイントです。

チョコの苦みと、アイスの冷たさでタミフルが気にならない様子でした。
朝晩のチョコアイスをこの5日間実行してゆきたいと思います。

ちなみに、乳製品などはタミフルの苦みを強くしてしまうので、注意です。
娘はチョコレートが好きです。だから、チョコアイスは嬉しい食べ物です。
もし、お子さんがチョコが好きなお子さんでしたら、おすすめの服用方法です♪

他にもいっぱい♪タミフルを子供に飲ませるときに工夫できる方法はこちらです。

薬剤師さんにもらった、タミフルの飲み方の書かれた用紙をご紹介しておきますね。

お子さんにあった服用の手助けになる食べ物がありましたらご参考にされてはいかがでしょうか。

以上、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク