アルコールを断ってから、アルコールを飲まないことで得られた自由

こんにちは、ナナオです!

相変わらずアルコールは飲まずの日々です。
寒い時期になり、コーヒー等の私ですが、最近はホットの玄米茶を飲んでいます。
お酒をやめて、気が付けば、来月で2年目を迎えようとしています。

早いような・・・。

SPONSORED LINK

アルコールを断ってから、アルコールを飲まないことで得られた自由

お酒をやめてからの生活では、その時の体の欲する飲料を存分に楽しめるようになったと感じるこの頃です。(お酒以外の飲料をね)

以前は、体調が悪くても、風邪を引いていも、構わずお酒を飲んでいました。
何はともあれ、お酒の日々だったんです。

自分の体よりもお酒。酔いたい一心でした。悲しいけれど、度をこえた飲み方と状況でした。

今は、好きなものを飲んで、体の欲する声に耳を傾けることができるようになりました。

私はお酒から解放されて自由なんです。

たった一つのこと(お酒)から解放されたことで何倍もの楽しみを再確認できるようになりました。

SPONSORED LINK

コーヒーも良いけれど、疲れた日にはお茶に癒されています。

ふと思ったのですが、最近はコーヒーよりも玄米茶の気分なんですよね。

コーヒーが体に鋭いときは、お茶でほっこりとしたいんです。

コーヒーは体をクッとさせるんですよね。(ちょっと表現が意味不明でも気にしないで下さい。)
気合を入れたいときやシャキッとしたいときには本当に助かる飲み物です。

冬になって、寒くなり始めると、朝から夕方は基本的にはコーヒーで過ごすことが多かったのですが、夜体も頭もくたくたになって帰ってきた後、お茶を求めるように。
カフェイン疲れですかね?
ちなみに夏は炭酸飲料(無味で糖分入っていない、水と二酸化炭素で主に構成されているもの)がメインでした。

今の時期は玄米茶。これがまたいいんですよね。
温かなお茶で気分はほっこりとして、身体も心も全身全霊で癒されています。
大げさでしょうが、そんな感じです。

DeniMix / Pixabay

お酒だけが人生じゃない。お酒を抜きの人生も楽しい。

もう身体にはアルコールは残っていません。恐らく!?
1年以上断酒をし続けていると、もう、飲みたいということもありません。

これから断酒しようかなと考えている方、安心してくださいね。
お酒やめて落ち着かないのは、最初だけです。

3か月程度したら、もう、なんというか、平穏ですよ。

お酒はね、飲めたら、きっと楽しい場がさらに楽しいんだろうなーと思うことはもちろんあります。
飲みすぎによる、悲しいお酒の思い出・悲惨すぎるお酒の思い出ばかりでもなかったので。

気の置けない仲間と朝までお酒を酌み交わし、げらげら笑って楽しんだ思い出もあります。
なんら生産性のない飲みですが、ただただ、楽しいってたまにはいいんですよ。

残念ですが、楽しいお酒の思い出作りは、もうこの先では行うことはできません。
きっと酒量をコントロールができそうにないからです。

きっとお酒を飲みすぎて、またやらかしてしまうと思うんです。
そうなるのは嫌だからです。

お酒抜きでの楽しい思い出をこれからは増やしてゆきたいな。

隠れアルコール依存症が増加している

皆さんの周りにもいるかもしれませんね。アルコール依存症予備軍の方や初期の方が。

年々増加しているようで、大丈夫かなぁ。
他人の心配の前に、この自分自身も気を付けていかないといけませんが、アルコール依存症は病気です。

病気になったら、医者に掛からないとなかなか治せません。
そしておそらく死ぬまで病気がまた再発しないように気を付けていかなくてはなりません。

今は断酒できていても再発(再飲酒)もありうると思う。リスクを持ちつつ生きること。

飲まない!という信念のもと断酒をしていますが、最近では、万が一(再飲酒)はありうると思っています。

もちろん今飲みたいなーという気持ちはないんですが。

ただ、なんせ、何十年も断酒してきた方でも再飲酒やスリップと呼ばれるものを経験されている例が幾つも世の中にはあるのですから、私だけ絶対に再飲酒がないなんて断言はできません。

仮に、再飲酒してしまったとしてそんな自分にはこう考えようと思っています。

でも、この先万が一飲んでしまったとしても、またそこから断酒します。

そこで、落胆して(いやーでも正直、落胆してしまうと思いますが)、継続的に飲まずに、決して自分を責めずに。
大切なのはアルコールを辞め続けていた自分。
一度再飲酒をしたからといって、またゼロからのスタートじゃない。
辞め続けていた自分を褒めて、また断酒を続けましょう!

一度の失敗で全部をむげにする必要はないんです。

最後に

0か100かじゃない。断酒がうまくいかない時もあると思います。

私は今、断酒が幸いにも順調ですが、そうじゃなくなったときに、全自分を否定はしたくないと思っています。みなさんも仮に再飲酒を経験されたとしても、ご自身を全否定してもらいたくないです。

逃げ場をなくしてしまうと、前に進むのが怖くなることもあるでしょう。
今、私はその時ではありませんが、そんなときのこともふと考え書いてみました。

年末が近づいてきました。
お酒がなくても素敵な年越しはできます♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク