毎度のことですが、喘息の子供の咳がまた夜にひどくなってきた。

ナナオです。
またしても、子供の咳で夜こちらの方も不眠気味に。

本当、最近喘息につながるような咳がよく出ています。
空気の乾燥や空気中のちりやほこりもあるのでしょう。
もともと喘息もちの息子なので、しょうがないのかな・・・。

SPONSORED LINK

我が家の喘息っ子、夜の咳がひどくなってきたらすること。

とにもかくにも、咳き込み方がひどいんです!
「ゲホゲホ、オェー!!!!」こちらも吐きそうになります。

もらいゲロみたいですが、あの咳き込みを耳にしている私はもう眠れない!心配もしますが、こちらまで吐きそうになります。

そんな時はもう、ヒューヒュー喘鳴音が聞こえだしてくるので、「あーもうだめだ、吸入しよう!」っということで子供を起こして、吸入薬を吸入させます。

喘息発作時には処方薬に頼るしかありません。

喘息もちの息子は病院から喘息の発作を鎮めるための吸入薬を処方されています。
メプチンと呼ばれる液体のものを吸入器で霧状にして吸い込ませます。

吸入は5分程度で終わります。
ただ、とにかく吸入器の音がひどくうるさいんですよね。
午前12時近く。ご近所に聞こえていると思います(-_-;)
申し訳ないとは感じつつ、でもしょうがありません。

本当は精密機械なのでダメなんでしょうが、一時的に座布団とかで吸入器を包むようにして、その時はしのいでいます。そうすると、音が少し静かになります。

我が家の使用するのはオムロンネブライザーです。
物はいいのですが、音がね・・・。
喘息発作ってなぜか夜に出やすいからまぁ、そこはしょうがありませんけど、音がもう少し小さくなったらと切に母親的には思います。

歌う園児

日中はムコダイン、ムコソルバン、メプチンなど

翌朝以降は発作が起きないように朝夕2回でムコダイン錠やムコソルバンを服用させます。
寒くなったり、暖かくなったり、寒暖差や乾燥、台風の時期はどうしても、喘息発作がでがちです。

常備薬として、ムコダイン、ムコソルバン、メプチンは欠かせないですね。
吸入薬は即効性があるので、これもこの時期手放せません。

関連記事はこちらです。

ナナオです。 子供の咳が最近よく出ています。 なんでしょう。空気が乾燥しているのでしょうか。 ゲホンゲホン言っています。本当に心配...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク