旦那さんのビール、特に誘惑はありません。

こんにちは!ナナオです。

断酒ライフ続行中です。

SPONSORED LINK

あれほど飲んだ日々のことは忘れていません。

飲みすぎた次の日の「あの後悔の念」や「体調の不調の数々」は忘れていません。
だから、全然今こうして断酒をしていても、飲みたいとは思いません。

旦那さんは、たまにビールを飲みます。

だんなさん、基本的には飲まないのですが、たまに疲れたときにビールの小さいサイズを飲みます。
350mlよりもさらに小さいサイズのものです。ミニチュアみたいなもの。

ところで、そんな時、断酒中の私は何を思うのか。

何も思いません。

飲みたいとか、そういう感情はありません。
断酒していくうちに、そのうち全然気にならなくなる時がくるもんなんですね。

ところで、他人の飲酒が気になるうちは・・・。

もし、あなたが他人の飲酒で気になるようであれば、お勧めしたい行動を挙げてみます。

  1. 直ちにその場を離れる。
  2. 過去の苦い思い出を振り返り、そこに戻りたいのか、自分の心の声に耳を傾ける。
  3. 何が気になるのかを自己分析する。

断酒をしたら、基本的には飲酒の場から離れることが望ましいのは言うまでもありませんよね。

確かに、私もどうしても参加しなくてはいけない飲み会などがない限りは、飲み会から足を遠ざけました。

SPONSORED LINK

付き合いが悪くなったといわれるとそうかもしれません。

最近は心境が変わってきました。
そのうち、周りに(会社の同僚とかに)断酒を言うかもしれません。
「アルコールをついつい飲みすぎて飲酒が止められないから飲み会はパスします」くらいな表現で伝えるかもしれません・・・。

最初の頃はそんなこと言えないかも、とシリアスになっていましたが、断酒生活をすすめていくうちに、これも自分、この自分を周りに公開できたら楽な時もあるのかもしれないと思うように。

まあ、わざわざ皆を呼んで公表するものでもないので、機会があれば程度ですが、断酒のことでナイーブになることも自分の中で少なくなりました。

時が経つにつれて、色んな変化があるものですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク